ldlコレステロールの仕組み〜健康食品やサプリでカイケツ〜

Healthy Food

簡単ダイエット

酵素ダイエットを行なうには、酵素が多量に入っている酵素ドリンクが欠かせません。酵素ダイエットは、ダイエット初心者でも気軽に始めることができます。普段の食事を酵素ドリンクに置き換えるだけなので、非常に簡単です。

フコイダンの力

フコイダンには抗癌作用があると言われ、現在様々なフコイダンサプリメントが販売されています。またフコイダンはがん予防にも効果を発揮するので、普段からフコイダンを摂取すると身体に良いとされています。

目に効くブルーベリー

ブルーベリーの中に含まれているアントシアニンは、目の回復に効果を発揮すると言われています。またブルーベリーを定期的に摂取するにはサプリメントが最適だとされています。

コレステロールの内容

ldlコレステロールを下げるにはどうしたらいいかここに書かれていますよ!健康でいたいなら気をつけましょう!

マイナスイメージの原因は食生活の欧米化にあった

コレステロールといえばマイナスのイメージが多く付いて回りますが、コレステロールそのものは細胞膜を構成するなど私たちの身体に必須の栄養素で、直接マイナスに作用するものではありません。ではなぜ、身体に悪いというイメージになってしまったのでしょうか。 1960年代〜1970年代にかけて起きた高度経済成長期に、日本では動物性の食品を摂取する機会が増えました。いわゆる、食生活の欧米化です。その結果、日本人の寿命は飛躍的に伸び平均寿命は70歳代になりました。このことから、日本人は高脂肪・高コレステロールの食事を積極的に摂るように食生活が変化しました。この食生活の変化が、心筋梗塞など血管を詰まらせる病気を増やす原因となったのです。こうしてコレステロールは、脂肪を血管壁に付着させ血管を詰まらせる原因として、敬遠されるようになったのです。

コレステロールは悪者ではない

最近ではコレステロールが善玉(HDL)と悪玉(LDL)に分けられていますが、HDLにもLDLにもそれぞれ役割があるのです。LDLは肝臓から出発しコレステロールを各組織へ届けます。そして、HDLは余分なコレステロールを肝臓に戻す働きをします。このように、身体にとってはどちらも欠かすことのできない大切なものであり、そもそも善も悪もないのです。 その考えも近年になって改められるようになってきています。これまで厚生労働省は、30歳以上の男性は1日750mg、女性は600mgを上限と定めていました。しかし近年になって、科学的根拠が得られないとしてコレステロール摂取量の基準値を示していません。 コレステロールが決して身体に悪いものでなく、私たちの身体にとって大切な栄養素であることが科学技術の進歩にともなって証明されてきています。このことから、これからますますこの考えが私たちの生活に浸透していくことは間違いないでしょう。

お腹のハリに

お腹が長時間張っている、便秘になっている場合には酵素サプリメントなどを利用して解決してみましょう。酵素は消化作用を高めるだけでなく、新陳代謝もアップさせてくれる効果があります。

コレステロールの役割

ldlコレステロールとは悪玉コレステロールとも呼ばれ、身体に非常に重要な成分であると共に摂り過ぎると身体に悪影響を及ぼします。また現在ではldlコレステロールを下げるサプリメントが多く登場しています。